男性に人気のバッグブランドを徹底調査!オシャレな男になるための必需品

男性はトータルコーディネートでオシャレ感を出すことが大切です。
例えばトップスやインナー、ボトムのほか、シューズや腕時計など、頭から爪先まで、全体で統一感を出さなくてはいけません。
そのため、細かなアイテムにこだわる方も少なくないでしょう。

一方で意外に軽視されがちなのがバッグです。
メンズバッグは機能性で選ぶ方も多く、例えばポケットの数や収納力を重視しがちなのです。
しかしデザインがいまいちだと、ファッションの統一感がなくなってしまいます。
少しでもおしゃれに見せたいと考えている方は、バッグにもこだわりを持つべきなのです。

バッグの良し悪しが男の魅力を左右する

一口にメンズバッグといっても、ビジネスからカジュアルまで様々なバリエーションがあります。
それぞれ用途が異なりますので、シーンに応じて複数のアイテムを使い分ける方も少なくないかと思います。

ただ、ビジネスにしろカジュアルにしろ、バッグのデザインやブランドにはこだわるべきです。
例えばスーツが決まっているビジネスマンでも、チープなリュックを使うと浮いてしまう可能性があるでしょう。
カジュアルファッションでも同様で、服装に合わせたデザイン・ブランドのバッグを持たなければ、全体の統一感が崩れてしまうのです。

バッグを選ぶのは面倒に感じる方もいらっしゃるかと思います。
確かに合ったものを選ぶのは大変ですが、以下で挙げるブランドは、いずれもおしゃれなバッグを作っています。
もし悩んだ時は、以下6ブランドの中から選ぶとよいでしょう。

男性に人気のバッグブランド一覧

ココマイスター

まずおすすめのブランドがココマイスターです。
創業したのは2011年で、まだまだ歴史の浅いブランドですが、そのこだわりは老舗ブランドを上回ります。

ココマイスターで使用している革は上質で、選びぬかれたもののみをバッグにしています。
年々人気が高まっており、ネット上でも評判を目にする機会が増えています。
バッグのデザインは洗練されていて、どのような服装にも合わせられます。
収納力も優れていますので、機能性を重視する方にもおすすめです。

オロビアンコ

オロビアンコは1996年にイタリアで誕生したファッションブランドです。
創業者は革製品の職人として働いた経験を持ち、それを活かして様々なレザーアイテムを製作しています。
特に有名なアイテムは財布ですが、メンズバッグも高く評価されています。
価格は少し高いものの、耐久性に優れた高品質なレザーを用いており、長く愛用することが可能です。

また、バッグはイタリアブランドらしいモダンなデザインに仕上げられています。
特にビジネスユースに適したブランドといえます。

ポーター

ポーターは、80年以上の歴史を持つ吉田カバンが展開する国産ブランドです。
老舗メーカーが手掛けているため知名度が高く、特に20代~30代の若い方に人気があります。
財布を始め様々なアイテムを展開していますので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

ポーターのバッグはバリエーションが多く、レザーやエナメルなど、多様な素材を用いています。
デザインはベーシックですが、シンプルで合わせやすく、服装を問わずに使うことが可能です。

ペッレモルビダ

ペッレモルビダは急速に注目を集めているブランドです。
2012年に日本で立ち上げられ、品質の良さから話題を呼びました。
創業者は干場義雅氏で、数々のファッション誌に携わるなど第一線で活躍しています。

そんなペッレモルビダの生み出すバッグは非常に品質が良く、シュリンクレザーを用いています。
軽量かつ柔らかな風合いに仕上げられており、長時間持ち歩いても疲れにくいのが魅力です。
デザインもシンプルですので、ビジネスから普段遣いまで、幅広く活躍します。

ルイ・ヴィトン

ルイ・ヴィトンは世界的な知名度を持つラグジュアリーブランドです。
レディースのイメージが強いかもしれませんが、メンズアイテムも数多く手掛けています。

特にルイ・ヴィトンはレザー製品に定評があり、財布やバッグは根強い人気を持ちます。
メンズのバッグは独創的なデザインのアイテムもありますが、全体的にシンプルなものが目立ちます。
他のブランドと比べて価格は張るものの、値段に見合った耐久性も持ち合わせています。
長く使いたいなら候補となるブランドです。

ガンゾ

ガンゾは日本初のレザーブランドです。
株式会社味岡が展開していますが、同社は1917年創業の老舗で、当時から様々な革製品を手掛けています。
そのような歴史を持つ同社が1999に立ち上げたのがガンゾで、誕生以来数多くのアイテムが生み出されました。

ガンゾで使用している素材は主にコードバンです。
滑らかな手触りと高級感あふれる光沢を持つほか、耐久性にも優れています。
そのコードバンを贅沢に用いたバッグを手掛けており、特にビジネスシーンに最適なデザインに仕上げられています。

男性用ブランドバッグも不要になれば買取してもらうべき

特におすすめのブランドは上記の6つですが、男性向けのバッグブランドは他にも様々あります。
ぜひ自分好みのブランドを見つけ、手にしてみてはいかがでしょうか。
もし余裕があるなら、シーンや用途に合わせて複数個購入するのもよいでしょう。

しかし、メンズバッグもスペースを取りますので、そのうち置き場に困ることになりかねません。
このため、使わなくなったバッグは処分をおすすめしますが、ゴミとして捨てるのだけは避けましょう。
どのようなブランドでも、業者に買取してもらえるからです。

実際の買取価格はブランドやバッグの状態によります。
ただ、人気があるブランドだったり、新品同様に綺麗なバッグだった場合、買取価格が高騰する可能性もあります。
数万円で売れることも珍しくありませんので、まずは査定を受けてはいかがでしょうか。

いずれにせよ、不要になったメンズバッグは買取がおすすめです。
絶対に捨てることはせず、リユースを意識しましょう。

まとめ

できる男を目指すなら、おしゃれは基本中の基本となります。
トータルの統一感を意識しつつ、シーンに合わせたコーディネートを行いましょう。
小物類も印象に影響しますので、時計やシューズなどはもちろん、バッグにもこだわることをおすすめします。
メンズバッグはブランドが多数あるため、自分好みのブランドを見つけてみましょう。

もしバッグを買いすぎてしまった場合でも、買取してもらえば問題ありません。
中古のメンズバッグは一定のニーズが見込めるほか、ブランドによっては根強い人気があります。
不要なバッグを現金化すれば、新作を買う時の資金にできます。
売るべきか悩んでいる方も、業者の査定を受けてみてはいかがでしょうか。